ミツバチ生産品に関する科学のパイオニア

私たちはマヌカハニーとプロポリスに関する科学の草分け的存在であることを誇りとしていて、この素晴らしい天然産物を理解し、また可能性を解き明かすために科学を利用し、さらなる発見を探し求め続けています。

10年以上にわたり、私たちはモラン教授、ヘンレ教授、寺尾教授(下記参照)を含む、世界的な自然科学研究パートナシップのリーダーたちとともに研究してきました。彼らのサポートによる研究開発とノウハウを取り入れ、違いのわかる本物の製品をお客様のために生み出す製品開発を行っています。

 

MGO™マヌカハニー

2008年、マヌカヘルス社は当社のドイツ科学研究パートナーの革新的な研究に基づき、マヌカハニー評価を正確かつ信頼できる方法として、メチルグリオキサール(MGO)測定法を開発しました。マヌカハニーに自然に存在する重要な化合物であるメチルグリオキサールの発見は、その「魔法のマヌカ成分」発見のための長年にわたる世界的な科学的調査後の、革新的なものでした。現在にもわたる当社の研究パートナーシップは、この驚くべきはちみつの理解をさらに深め続けています。

MGOの詳細はこちら

BIO™ニュージーランド・プロポリス

マヌカヘルス社は有数な科学者と協力し、ニュージーランド産プロポリスに高レベルで含まれる有益な生理活性化合物の抽出と測定をどこよりも先駆けて行ないました。

当社の検査では、偽りなく生理活性(体内で活性する)プロポリス化合物であることを確認し、マヌカヘルス社製BIO™ニュージーランド・プロポリスにある免疫サポートと抗酸化物質保護における生理活性のレベルの保証をするといった新しい規格を設定しています。

BIO™ニュージーランド・プロポリスについての詳細


私たちの研究と協力パートナー

ピーター・モラン教授

Professor Peter Molan (1943-2015)

世界的にも有名なマヌカハニーの専門家で、ニュージーランドにあるワイカト大学のはちみつ研究部門の創設者です。 モラン教授はマヌカハニー産業の父として知られており、彼の広範な研究は、マヌカハニーの理解と使用、特に創傷ケアのための利用に大きな影響を与えました。

マヌカハニーの創傷ケアについてのモラン博士の研究論文を読む (英語のみ)

トーマス・ヘンレ教授

Professor Thomas Henle

ドイツで最も権威のある大学の一つ、ドイツ・ドレスデン工科大学食品化学研究所所長。 ヘンレ教授とそのチームは、マヌカハニーの効能に直接関係する主要化合物としてメチルグリオキサール(MGO)を特定する、革新的な論文を発表しました。

MGOとマヌカハニーのヘンレ教授による革新的な研究論文を読む (英語のみ)

 

寺尾敬二教授

Professor Keiji Terao

神戸大学医学部 (Kobe University Medical School)

寺尾教授は、マヌカヘルス社と緊密に協力し、シクロデキストリンで強化された天然生理活性を開発。ニュージーランド産プロポリスとマヌカハニーの研究に取り組んでいます。

寺尾教授のプロポリス研究論文を読む (英語のみ)

オーウェン・キャッチポール博士

Dr Owen Catchpole

キャッチポール博士は世界的に有名な科学者で、カラハン・イノベーション(Callaghan Innovation)を先導する科学者です。 マヌカハニーとプロポリス製品をさらに開発するために2012年にマヌカヘルス社に出向。当社の研究開発チームと協力し、BIO™ニュージーランド産プロポリスに関する重要な研究成果を発表しました。

キャッチポール博士のプロポリス研究論文を読む(英語のみ)

品質と工程

巣箱からご家庭へ届くまで、心を込めた製品の生産

詳細をみる

マヌカヘルス社について

私たちは天然のニュージーランド産ミツバチ生産品を誇りとする生産者です

詳細をみる